駐車のしかたについて

駐車の仕方については、車を止めてはいけない場所に止めずに、決められた場所に車を止めることと、車を上手に停車させる方法の意味があります。
都会においては、道路上は殆どが禁止された地域といっても過言がありません、車で出かける時はあらかじめ、車を止める場所を確認して出かけたいものです。
お医者さん等が往診などの業務においては除外禁止措置がありますが、車から離れる時に連絡先と用件を車に掲示しておく必要があります。

車を指定された場所に止める方法は、これは慣れるより方法がありませんが、車を出す時のことを考えてバックより入れていきます。バックし始める位置とハンドルの位置が重要となります。
バックし始める位置を自分で決め、この時運転席からみたときのサイドミラ位置がどこにある時と決めてゆっくりとバックしていき、ハンドルを目一杯に切ります、これを繰り返しハンドルの切る位置を決めていきます。

ドアが閉鎖できるよう、隣の車とあまり隣接しないよう中央に止めるようにします。
運転免許を持っているとはいえ、車の車庫入れは最も苦手なものの様で、女性の方では上手に止める方は半数もいないようで、お店に止める場合は、店員さんが車を止めなおしています。
それも、限られたスペース故、無理もありませんが、只管練習をすることです。

コメントは受け付けていません。