メインの規則標識

道路標識は国際的にはウィーン標識条約で8項目に分類されていて、世界の人たちが分かりやすいような標識が使用されています。

とくにアメリカ合衆国とカナダではほとんどの道路標識が共通で使用されていて、国境を越えて来た人々に不便がないように考慮されています。ヨーロッパの場合でもほとんどの道路標識は標準化されていて特に西ヨーロッパ各国の間では標準化が進んでいます。

規則標識は何らかの行動を禁止したり、規制するための標識で、警察庁が管轄して各都道府県の公安委員会が設置していて、多くの場合は丸型で禁止徹底事項の場合は赤の縁取りをして青字で注意事項示し、指定事項の場合は青地に白い字を用いて指定されている事柄を表示しています。通行止めは通行止めになっている箇所の入り口などに設置して、この道路は通り抜けができないことを表しています。車両進入禁止は一方通行の出口や通行止めの箇所の入り口などに設置して、この道路が標識の面する方向においては車両の進入が禁止されていることを表しています。自動二輪車二人乗り禁止は指定箇所や区間に設置して大型自動二輪車および普通自動二輪車の二人乗りが禁止されていることを表し、この他には最低速度の表示などもあり、指定箇所や区間で渋滞や一時停止などの場合を除いて最低速度を制限するものなどがあります。

コメントは受け付けていません。