交差点での注意事項

自動車の運転をするときは、常に交通事故の危険を意識し、道路状況や、周囲の他の車、歩行者などの動きに注意しなければなりません。
また、走行する時間帯や地域など、様々な環境に対応する技術も必要で、突発的な事象に対し、迅速かつ安全に対応することが重要です。

特に交差点など、多くの危険要素が集中する場所では、安全確認を確実に行い、細心の注意を払って通行する必要があります。
対向する右折車は、特に衝突の危険が高いため、車の動きだけでなく、ドライバーの視線なども危険を回避する助けとなります。

また、並走している車も、突然車線変更などを行ったり、Uターンを行うために急ブレーキを踏んだりといった危険があるので、適切な車間をとって、それらの動きに対応できるようにすることが大切です。
また、左折時や右折時には、車の動きと共に、横断歩道などを通行する歩行者にも注意が必要です。横断歩道上にいなくても、急な飛び出しをしてくる場合があるので、視野を広く持って、速度を出し過ぎないように通行しなければなりません。
左折時の場合、横を走る二輪車がすり抜けを行う場合があり、巻き込むことで事故となるケースが多く発生します。
再度ミラーだけでなく、目視によっても後方を確認し、死角を作らないようにすることが大切です。

コメントは受け付けていません。