警告標識の日本との大きな違い

一般的な道路標識は国際的な取り決めによってデザインなどがある程度統一されていますが、見慣れない道路標識が多いと様々なトラブルを起こす可能性があります。

道路標識は道路の一般的には道路の傍らに設置されていて、その道路の利用者に必要の情報を提供するための表示板ですが、ほとんどの場合は交通事故を未然に防ぐための規制や危険箇所への警戒の喚起、指示や案内による交通の円滑化などの目的で設置されています。標識は道路標識および信号に関する条約で8項目に分類されていて、危険警告標識や優先標識、禁止制限標識、義務標識などがあります。

日本においては道路交通法に基づいて都道府県公安委員会が設置するものと道路法に基づき道路管理者である国土交通省や都道府県、NEXCOなどが設置するものがあります。警戒標識は警戒すべきことを示す標識で、国土交通省の管轄で道路管理者が設置して、黄色地に黒ふち、黒模様のひし形で通常の場合は大きさが一辺45cmとなっています。規制標識は何らかの行動を禁止、規制するための標識で、警察庁の管轄で各都道府県の公安委員会が設置していて、多くの場合は丸型で、禁止徹底事項は赤の縁取りとなっていて青字、指定事項の場合は青地で白字が使用されます。

コメントは受け付けていません。