ハンドル・走行レーンの違いについて

日本と海外の交通ルールで最も異なるところは、走行レーンの違いでしょう。
日本では左側通行が当たり前ですが、海外では右側通行になっている国もあります。
海外で日本と同じ左側通行の主な国は、イギリス、オーストラリア、インド、インドネシアなどです。
これらの走行レーンが左側通行になっている国では、日本と同じように運転することができるでしょう。
日本と反対の右側通行になっている国は、アメリカやイギリスを除くヨーロッパの国々、中国、韓国などです。

世界中のほとんどの国では、走行レーンが日本とは反対の右側通行になっています。
元々は左側通行だったのを、右側通行に変えてしまった国もあるほどですから、右側通行が世界中の主流であると言えるでしょう。

日本でしか運転をしたことがない人にとっては、戸惑うことが多いかもしれません。
日本人が戸惑うのは、走行レーンの違いだけではありません。
ハンドルの位置も、運転をするときに戸惑う原因にもなります。
左側通行の国の車では、右側にあるのが一般的です。
しかし、右側通行の国の車では、左側にあるのが当たり前です。
左側にあることで、ウインカーなども反対になりますから、運転をするときには気を付けましょう。

コメントは受け付けていません。