案内標識の特徴

日本の道路はドライバーが安全運転が出来るように道路の傍らに標識があります。
道路標識には交通事故を防ぐ為の通行の禁止や制限を加えた規制標識、例えば車両進入禁止・自転車専用・歩行者専用等の標識です。

危険個所への呼びかけ、例えば近くに学校がある・落石の危険を知らせる警戒を訴えた警戒標識です。
道路情報をドライバーに知らせる標識があります。
その他に指示・補助標識があります。
ドライバーが目的地までに安全運転をする為には、道路を覚えることが必要なのは当然なことですが、道路情報をドライバーに知らせる標識は見逃すことは出来ません、この道路情報を伝える標識を案内標識といいます。

案内を知らせる標識には、1)目的地・通過地の方向・距離や目標値までの経路を案内する経路案内2)現在地を示す地点案内・待避所・パーキング等の付属施設を案内する付属施設案内の標識があります。
この標識は国土交通省・都道府県・市町村等の道路管理者が設置しており、標識の下に設置者を示すラベルが表示されています。
日本語とローマ字の両方が表示されており、日本語とローマ字が併用され、山や川など普通名詞には英語で表示され外国人にも容易に理解してもらえるように国際化にも対応しております。

コメントは受け付けていません。