日本と海外との交通ルールの違い

日本と海外の交通ルールには、違いがあります。
違いを理解していないと、海外に旅行したときや転居した時に、戸惑ってしまうことでしょう。
海外で運転をすることがあるのなら、日本とは違うルールがあるということを、意識しておかなければいけません。

 

赤信号でも右折をしても良いルールがアメリカの一部地域にはあります。
必ず右折をしなければいけないわけではないので、停止していても問題ありません。
しかし、後続の車にとっては迷惑なこともあるので、赤信号でも右折しても良いルールがあることは覚えておきましょう。

車01

踏切の前では、日本では一旦停止するのが常識です。
しかし、海外では一旦停止をしてはいけません。
遮断機が下りていなければ、海外では一旦停止をせずに通過しても良いのです。
一旦停止してしまったら、後続車に追突される恐れもあります。
事故に遭わないためにも、一旦停止せずに踏切は通過しましょう。

 

日本で進行方向の信号が赤になると、横の信号はすぐに青になりません。
そのため、赤になってもギリギリで交差点に進入する車もいます。
しかし、海外では進行方向が赤になれば横の信号はすぐに青になります。
海外では、赤信号になったら必ず止まりましょう。